counter アクセスカウンター

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のマニカホーム

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のマニカホーム

激安 家具通販のマニカグ



水性シリコン塗料がこの価格!!フッ素塗料も驚きの大特価!!

名古屋最安値!!外壁塗装の驚きプライス

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の塗装チラシをご覧いただけます

外壁塗装 名古屋のご成約特典満載!!外壁塗装ご成約3大特典はこちら

外壁塗装 充実の安心制度をご案内

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のお問い合わせはこちら

※ホームページを見たとお伝え頂くとスムーズです。




外壁塗装のお悩み解決!!

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の症状別危険度チェック

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のお問い合わせはこちら

※ホームページを見たとお伝え頂くとスムーズです。


外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の基礎知識集

外壁塗装をお考えの名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の皆様へアドバイス


外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の業者選びは慎重に

外壁塗装のお見積もりは3社以上取りましょう

最低でも3社以上からお見積もりを取りましょう!!

単純に合計金額や単価の比較ではなく、どのような工事をするのか、どんな塗料を使い、どこまで工事がお見積もりに含まれているのかなど、内容を細かく比較することが肝心です。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のお見積もりに要注意

お客様がご納得できる、明瞭・明確なお見積もりは出されていますか!?

大まかな「○○一式」の羅列ではなく、内容明細がキチンと書かれた見積書であること。そして、それらの文書などについての質問には、素人にも分かるように説明してくれるのが誠実な業者と言えます。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の訪問販売営業にご注意を

最もクレームの多い訪問販売営業にご注意を!!

訪問販売は、すべて割高になっているのが特徴です。
営業マンの取り分は、工事代金の50%というのも珍しくなく、その上に会社の儲け、テレビコマーシャルなど経費がかかるわけですから、割高は仕方がないことかもしれません。
悪い点は、少ない施工費で下請けに丸投げするケースもあり、ずさんな工事が伴うこともあるので注意を要します。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の大幅お値引は注意が必要

最初のお見積もりから大幅な値引きをする業者には注意が必要です!!

最初の見積価格を高く提示し、後から大幅に値引きをして安価な印象を与える業者もあります。
しかし、算出根拠があいまいで、適正な工事がされるとは思えない場合があります。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の塗装工程表を要チェック

施工期間が短い(3~4日)業者は手抜き業者の可能性が高い!!

塗り替えには最低6日は必要と思ってください。
早く終わる場合は水洗いをしていない、3回塗りを2回塗りにしているなど、手を抜いている場合があります。
※塗装範囲で施工期間は異なります。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の塗装は下地調整が仕上がりを左右します

下地調整が仕上がりを左右する!!

下地調整とは塗装面をキレイにすることです。
ホコリや、剥がれかかった古い塗膜の除去、錆びた部分のペーパー掛けなどが曖昧だと、たとえ高級塗料を使おうとも性能が発揮できず、仕上がりもそれなりです。
また、下塗りをしない業者もいるようです。下塗りは上塗りとの接着剤、弱くなった下地を整えるなど重要な工程です。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手の塗料は契約内容と同じが要チェック

ご契約内容と異なる塗料が使用されていませんか!?

契約塗料よりランクが下の塗料をこっそり使用する業者もいます。
塗料については、一般の方は分かりにくい部分だと思いますので注意したいところです。
また、塗料にはそれぞれメーカーの定めた希釈率があります。薄め過ぎた場合、塗料の性能を発揮できず、耐用年数が短くなるなど後々問題が発生する可能性があります。


塗料の種類と塗り替え時期 | 外壁塗装の基礎知識

外壁塗料の種類

外壁塗料の種類をご紹介鉄、アルミ、木材、コンクリート、セメントモルタルなどの外壁は、素材のままでは腐食や劣化を起こすため、「塗料」で劣化を防ぐ必要があります。外壁塗料の種類は、大きく分けてアクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料などがあります。
塗料は、キレイな色や光沢、立体模様など自由な仕上がりができることも特徴で、結露防止や断熱、防音・消臭など、さまざまな機能があるタイプもあります。

アクリル塗装 塗り替え時期の目安4~7年

塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料です。種類も多く、最も経済的な塗料といえます。

ウレタン塗装 塗り替え時期の目安7~10年

塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料です。非常に塗膜が強く、耐水性、耐久性に優れています。

シリコン塗装 塗り替え時期の目安10~13年

塗料の主成分である合成樹脂がシリコン系の塗料。耐久性に優れているため、現在では塗料の主流になっています。

フッ素系塗装 塗り替え時期の目安15~20年

塗装の主成分である合成樹脂がフッ素系の塗料のこと。優れた耐候性があり、長期間の耐久性を持っています。

柔らかく伸び、外壁材に密着する「ウレタン樹脂塗料」 | 外壁塗装の基礎知識

木やトタン、アルミ、モルタルに最適!!

外壁塗装のウレタン樹脂塗料のご紹介ウレタン樹脂塗料は、耐候性があり、独特の肉厚感と光沢をもっています。また、硬度や耐摩耗性が高く、剥がれにくいという特徴もあります。また、柔らかい性質と密着性が高いので、曲面や細部の塗装にも適しています。トタンやアルミ、モルタル・コンクリートに塗装可能で、特に木部との相性が非常によい特性があります。


ウレタン樹脂塗料の種類

ウレタン樹脂塗料の主な種類をご紹介します。専門的な詳しい内容に関しては、塗装業者に相談すると良いですが、基本知識として覚えておいてもよいでしょう。
ウレタン樹脂塗料は、2液タイプと1液タイプに分かれ、その中でも溶剤系と水溶系があります。従来は原液に硬化剤を混ぜる2液タイプが主流でしたが、最近では塗料をそのまま使う1液タイプが多くなっています。
2液タイプは硬化剤を混ぜた直後から反応し、サラサラの状態から納豆のように糸をひく状態に硬化していきます。固くなる前に塗装しなければいけないので、塗装できる時間が限られています。吹き付け用のスプレーガンでは塗料が詰まり、刷毛やローラーでは粘りが強くなって塗れなくなります。うまく仕上がるかは職人さんの腕に左右されるといえるでしょう。
「1液型ポリウレタン樹脂塗料」は、耐候性、耐摩耗性に優れ、塗膜の硬度も比較的高く耐久性を発揮します。
「水性反応硬化型ウレタン樹脂塗料」は外壁用仕上げ材として使用されています。溶剤系に劣らない強く剥がれにくい塗膜ができます。「2液型ポリウレタン樹脂塗料」は主剤にポリエステル、補助材にはイソシアネートが使用され、コンクリートの外壁材などに適しています。「弾性型ウレタン樹脂系塗料」は耐候性、強靭性が高く、外壁の複層吹き付け材のトップコートとして使われています。

人体にやさしく、変色や劣化がしにくい「シリコン樹脂塗料」 | 外壁塗装の基礎知識

フッ素樹脂に負けない耐候性

外壁塗装のシリコン樹脂塗料のご紹介シリコン樹脂塗料の中で、現在最も多く使われているのが、アクリルシリコン樹脂塗料です。シリコン単独では塗料として使えないので、アクリル樹脂と反応させて作ったのがアクリルシリコン樹脂というわけです。
アクリルシリコン樹脂の「シリコン」は、半導体やガラスに含有するケイ素のことで、地球上に大量に存在しています。口紅やアイシャドー、航空機、スペースシャトルなどにも使われ、安全性が高く、人体にも優しい物質として知られています。また、非常に安定した物質で、紫外線で壊れることがありません。
このようなシリコンの性質を活かして作られたアクリルシリコン樹脂塗料は、付着力が強く、光沢が長持ちし、色あせがしにくいなどの特徴があります。また、耐水性、耐薬品性、耐油性があり、汚れが付着しにくく取れやすいという面も持っています。また、フッ素樹脂塗料に負けない耐候性(屋外使用でも変色や劣化がしにくい性質)もあります。フッ素樹脂塗料は亜鉛メッキの面に適していませんが、アクリルシリコン樹脂塗料は直接塗装が可能です。

アクリルシリコン樹脂塗料の種類

アクリルシリコン樹脂塗料の主な種類をご紹介します。専門的な詳しい内容に関しては、塗装業者に相談すると良いですが、基本知識として覚えておいてもよいでしょう。
アクリルシリコン樹脂塗料には、水溶系と溶剤系があり、外壁材の種類や現在塗装されている塗料の種類によってどちらかを決めます。
「溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料(強溶剤型、弱溶剤型)」は、打ち放しコンクリート生地仕上げの上塗り塗料として使用されています。最近は耐水性、耐薬品性、耐油性に優れた弱溶剤タイプが使用されることが多くなっています。
「水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂系塗料」は、主にモルタル、コンクリートの塗装に使われています。耐薬品性、耐油性が高く、汚れにくいという特徴を持っています。
「アクリルシリコン系外壁仕上げ材」は、ひび割れした外壁に浸透する効果が期待できる仕上げ材です。
「複層シリコン系仕上げ材」は、模様仕上げのトップコートとして使用されています。汚れ難くセラミック変性アクリルシリコン樹脂塗料や、環境にやさしい水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂塗料があります。

美しさを長く保ち、熱やキズにも強い「フッ素樹脂塗料」 | 外壁塗装の基礎知識

フライパンにも使われるフッ素樹脂

外壁塗装のフッ素樹脂塗料のご紹介フッ素樹脂は1983年にアメリカのデュポン社で開発され、初めのうちは軍需目的で使用されていました。高い安全性と非粘着性があることから、現在では肉や卵がこびりつかない鍋やフライパンのテフロン加工にも使われています。また、耐熱性や耐久性も高い素材として知られています。ある自動車に、きれいなモスグリーンのフッ素樹脂塗料を採用したところ、汚れがつきにくいと高い評価を受け、建築の分野にも広がったといわれています。

フッ素の長所、短所と種類

自動車の例からも分かるように、フッ素樹脂塗料は優れた耐候性により、塗りたての美しさを長期間保ちます。また、強い塗膜と高い密着性により、キズやはがれにくい特徴をもっています。耐久性は普通の塗料の1.5~2倍と長期間、美観を維持します。
欠点は、古くなると雨筋に沿って黒い筋がついてしまうところです。金属サイディングなどに塗る場合は汚れが目立ちませんが、コンクリート系の外壁材では汚れが目立ちます。しかし、最近では汚れがつきにくい商品も発売されています。また、塗料の中で最も高額なので、普及が進んでいない、という面もあります。
外壁用フッ素樹脂塗料の種類は、弱溶剤タイプと水性タイプがあります。弱溶剤タイプは汚れに強く、塗料用樹脂の中では最上級の塗料です。塗膜には硬質、軟質の2種類があります。どのタイプを選ぶかは外壁の部材の種類と仕上げ方法によって選んでください。


外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のマニカホーム 店舗情報


住所:名古屋市守山区八剣2丁目1703

営業時間

営業時間:9:00〜19:00
電話:0120-87-8547(フリーダイヤル)
メール:moriyama@manika-home.jp

電車でお越しの方へ

名鉄瀬戸線『印場』駅 徒歩10分

車でお越しの方へ

駐車場は完備しております。お気軽にお車でお越しください。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のお問い合わせはこちら

※ホームページを見たとお伝え頂くとスムーズです。

外壁塗装 名古屋 尾張旭市 瀬戸市 長久手のパートナー集

リフォーム 名古屋マニカホーム公式FACEBOOKリフォームiリフォームiリフォームTOWNリフォーム会社・工務店検索サイト登録宣伝AUL情報発信サイトZoozle検索順位.com 無料ツールでSEO対策検索順位.com 無料ツールでSEO対策検索順位.com 無料ツールでSEO対策